Canpath
4052 views
2 応援!
0

留学スタート!

ついに旅立ち。
大切な人たちとしばらく会えないのは辛いですが、行ってよかったと胸を張って言えるように頑張ってきます。

時差があって、シアトルに着いたのは出発と同じ日。
あまり寝れなくてきつかった上に、空港にはいるはずの送迎スタッフがいない…
1時間近く待って、空港を歩き回ってやっと合流して寮までたどり着きました。

寮について早々唖然としたのが、室内の荒れよう。
洗われていない食器、床に散らかった食べ物、洋服…
どうもルームメイトが掃除をほとんどしていないようでした。
日本では特に思っていませんでしたが、実は自分がきれい好きであることを実感しました。

初めての親元を離れての暮らし。
それに加えて異文化の人との共同生活。
これから何が起こるかは分からないですが、自分で生活をつくっていくってこういうことか、としみじみと感じます。

この記事を書いた人

Kayo Matsunaga
現在地:日本
福岡県出身 九州大学 教育学部 社会教育、生涯教育、大人の学び直し、あそび、公園 パン屋めぐり、散歩 トビタテ!留学JAPAN 3期生 シアトル、コミュニティカレッジ スウェーデン、デンマーク、フォルケホイスコーレ

Kayo Matsunagaさんの海外ストーリー