2324 views
1 応援!
0

早速ハプニング!!

シンガポールのチャンギ空港でトランジット!
未成年のためアナカンを依頼しました。

シンガポールに着いたのは日本時間の朝6時頃。ここでハプニングが発生!!

私のパスポートと航空券を持っていたおばさんに着いて行くも、どうやら私のアナカン担当の人で無かったようで、
同じ道を行ったり来たり、、、

結局30分くらいその場所に居ました。

そして、そのおばさんは近くにいた他の女性に

『ここどうやっていくの?イスタンブール行き%℃〇[email protected]#!』(⬅聞き取れなかった)

と、聞いていたのです!

??!!
イスタンブール?!

このままではパースにたどり着けない!

そう思い、

『パースに行くんです!!この飛行機に乗りたいんです!』

と伝えると驚いた目で見られました。

イスタンブールじゃないの?!

という目で。

その後おばさんはその女性に、

行き先が分からないのに引き受けるな!

と怒られてました。

予定の飛行機には間に合ったのですごくホッとしました😊

ちなみに、案内されてる途中で、アナカン担当者が来なくて困っていた老夫婦に出会いました。

海外って適当ですね、

帰りの時は自分で行き方を確認します!

この記事を書いた人

なつ
現在地:オーストラリア
トビタテ高校生コース1期生 オーストラリアのパースで観光業について調査をします 2016/1/29〜2016/4/24 ニュージーランド3週間留学の経験あり 動物とスイーツとスポーツをこよなく愛する高校生です

なつさんの海外ストーリー