Canpath
1462 views
0 応援!
0

日本で必ず食べるべき7つのデザート

日本はその素晴らしい料理で有名で、訪問者を驚かせます。 食事と同じくらい美味しいのですが、ほとんどの人はこの地域の有名なデザートを食べて味覚を浄化することを好みます。

日本人はどんな甘い味も満足させる様々な伝統的な料理で知られています。珍味を一口食べれば、人々は食事の経験に喜ぶでしょう。

デザートは、特に心のこもった食事の後、すぐに人々を良い気分にさせるかもしれません。が推奨する様々な施設でこれらを試してみてください 大町市観光。どのデザートが強く推奨されるのか知りたい人のために、誰もが知っておくべきいくつかの提案があります。

入まんじゅう

まんじゅうは、さまざまな形やサイズの日本の古典的なデザートです。通常、2つの層があります。内側に濃厚なクリーミーなフィリング、外側に米または小麦粉を練り込んだ歯ごたえのある外側の層です。あんこペーストは、まんじゅうの最も伝統的な具材です。しかし、今では代わりにカスタード、チョコレート、または他の楽しい詰め物を使用する人もいます。

入抹茶クッキー

日本のおやつは、抹茶や緑茶が少しないと不完全です。抹茶バーやケーキに加えて、多くの人が抹茶ビスケットを愛しています。抹茶の素朴な味わいは、クリーミーでバターのようなクッキーの味と相性が良く、デザートやおやつに最適です。

入プリン

プリンは、数人で楽しめる人気の和キャラメルカスタードデザートです。フランやクレームブリュレに匹敵するこの珍味は、全米の店舗やレストランで広く利用されています。やわらかいキャラメルをのせた濃厚なカスタードが、なめらかでクリーミーなプリンです。

入あんみつ

あんみつは、日本の寒天ゼリーベースのパフェで、もう1つの日本の古典的なデザートです。これは、アンコ、エンドウ豆、および桃、パイナップル、チェリー、温州みかんなどのさまざまな果物と一緒に提供されることがよくあります。通常、お皿に餅とアイスクリームを添えて出されます。

入日本のチーズケーキ

世界中で利用できるさまざまなチーズケーキのレシピがありますが、日本のチーズケーキは間違いなく優れています。安っぽくて繊細なスフレの詰め物で最もよく知られています。多くの人がこのデザートの滑らかな食感にスライスし、その豊かな風味を噛むことを楽しんでいます。

入たい焼きたい

焼きは、魚のように作られた、あんこペーストで満たされた日本の古典的なストリートパンケーキです。カスタード、チョコレート、サツマイモ、そしてソーセージやチーズのようなおいしいオプションでさえ、この素晴らしいおやつの現代版の詰め物として使用されました。イチゴやアイスクリームを詰めることもできます。

入どら焼き

どら焼きでは、あんこペーストを2つのカステラパンケーキの間に挟みます。カステラは、16世紀に日本にやってきた伝統的なポルトガルのスポンジケーキです。マイルドな甘みで、卵、小麦粉、砂糖を使って作られています。ヌテラは現在、現代のどら焼きのフィラーとして使用されています。

このように、甘いもの好きにはたまらない和菓子がたくさんあります。大町市観光協会https://www.omachi-promotion.com/blog/%e8%a6%b3%e5%... が提案する「日本一のスイーツ」に選ばれた理由も、このスイーツを食べれば納得できるはずだ。

この記事を書いた人

Takuya Hiyaさんの海外ストーリー