Canpath
866 views
1 応援!
0

Arrived at Istanbul!

アンカラ行きの前に、イスタンブルにいる友人の家に泊めてもらうことになった。
彼は同じ大学の友人たちと、大学の付近でルームシェアをしている。現地での生活に慣れるには絶好の機会だ。
さすがに東ローマ時代からの都。自然と街並みの調和した美しさに加え、トルコ最大都市(首都ではない。)としての利便性も備えている。
しかし、早くも大きな困難に直面した。「リスニング力」と「語彙不足」だ。自分に対して話しているトルコ人の話はほぼ理解できるのだが、トルコ人同士の何気ない会話やジョークが理解できない。私のこの留学の目的は、クルド問題の和解プロセスの現状をつかみ、日本人として微力ながら貢献することだ。そのためには、現地の人と仲良くなる必要がある。そのためには、自然な会話を身につけなければならない。また、同じ意味の単語でも、知らない方を使っているとわかる内容の会話にも入りづらい。語彙の強化も喫緊の課題である。
Before going to Ankara, I stayed to my friend's house in Istanbul.

この記事を書いた人

Canpath user icon
Masato Yakabe
現在地:-
from Tosu-City of Saga Hobby; Watching baseball game, listening to music, talking with people, reading a book about Islam, Model United Nation activity

Masato Yakabeさんの海外ストーリー