1199 views
0 応援!
0

中国人の影響

前の投稿でおれが留学中、ありがたくも、色々なところに時間を見つけては極力安く旅行をしているわけである。
今回はそれらの旅行を通しておれが感じたヨーロッパにおける日本人の立ち位置を紹介したい。

これを見ている人も感じていると思うが、(もはや当然すぎて何も思っていないかもしれない)が、

観光地に中国人多過ぎる問題

である。日本の観光地も含めて、どこも中国人だらけ。
先にただ一つ言っておきたいのは俺には中国人の友達もできたし、基本的に中国人が嫌いとかそう言う国籍的な差別はない。でも中国人観光客は全般的に……
これは俺含め日本人2人、中国人1人でブダペストからバスでウィーンに旅行に行った時のこと。その中国人の友達がザ・中国人みたいな顔をしていることもあって、ウィーンの道端でコンサートとかオペラハウスツアーに勧誘してくる人みんなが
ニーハオ
って声をかけてくる。変な意地かもしれないけど、俺としてはアジア人全員中国人やと思ってくんな失礼やろ って思ってた。向こうからしたら中国人観光客がめちゃ多いからニーハオって言ったら7割くらいで正解なのかもしれない。でも、俺日本人やし!って言う日本人としてのプライドもあって今でもそう言う場合はうぜえと思ってしまうことがほとんど。しかも1人中国人がいて、そいつがザ・中国人の風貌なら向こうは確実に俺たちの団体を中国人だと思い込んで対応してくるから基本的にグループとしてのヨーロッパ観光における地位みたいなものが低くなってしまう。どうせこいつらもマナー悪いんだろ、うるさいんだろ、汚い食べ方するんだろ、みたいな。
実際ビーフカツで有名な某レストランに3人で行ったけど、俺ら含めてアジア人客(と言うかほぼ中国人)に対する欧米系の客との対応はマジで目に見えてわかるほど違うかった。
こうして日本人は中国人と違い見た目をしているから結構不利な扱いを受けたりすると思う。ブダペストでもチンピラみたいな若者にニーハオってバカにしたようにすれ違いざまに言われたりするし。
でも幸運なことに日本人観光客の国際社会における評価は悪くないらしく、自分が日本人であることを伝えると基本態度は豹変する。それもそれで腹立つけど…

今回のこの投稿で何が言いたいかって言うと、

日本人は見た目だけで損してるかもね!

ってこと。というより中国人観光客が勝手に俺らに迷惑かけてるんやろうけど。
だからヨーロッパで観光するにおいて、自分が日本から来たってわかってもらえることは結構大事やと思う。
国籍とか気にしてる時点で小さい男なのかもしれんけど、実際扱いは変わるし損するのは自分なんで。

とはいえ中国人観光客が各国観光業界にとっていいビジネスターゲットなのだろうとは思うけども。
でも日本人であることアピールし過ぎて物盗られたりしないようにするのも大事。

ってな感じかな。こっち来て日本人であることに結構誇り感じてるかも。

次の投稿も見てね
応援、フォローよろしく!
ありがと!

Yuta

この記事を書いた人

Yuta
現在地:ハンガリー

Yutaさんの海外ストーリー